中野区保護司会東部分区

●保護司の活動

中野区保護司会は昭和27年に設立されました。法務大臣から委嘱を受けた百人前後の保護司が「保護司は社会奉仕の精神をもって、犯罪を犯した者及び非行のある少年の改善更生を助けるとともに、犯罪の予防のために、世論の啓発に努め、もって地域社会の浄化をはかり、個人及び公共の福祉に寄与することをその使命とする」と明記された保護司法第1条に基づき、10の分区に分かれて活動しています。犯罪や非行を犯した人と向き合い、その立ち直りを助ける一方、現在は犯罪予防活動にも力を入れ“社会を明るくする運動“では地域の皆さんの大きなご協力をいただいています。

 

● 第72回“社会を明るくする運動”
〜犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ〜

“社会を明るくする運動”とは?すべての国民が、犯罪や非行の防止と犯罪や非行をした人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な明るい地域社会を築くための全国的な運動です。令和4年で72回目を迎えます。

新型コロナウィルスの影響で様々なイベントが中止となった中、保護司も昨年から今年とイベントを中止せざるをえない状況でした。この機会に社会を明るくする運動を皆様に分かり易く、また身近な問題として皆様にも考えて頂きたく思い、漫画家の方に協力して頂き、短い漫画本を作りました。
第一話〜第三話をご覧ください。

●第一話:つかさちゃん!”社会を明るくする運動”と出会う

●第二話:つかさちゃん!2〜親友があぶない!オオカミがねっている!〜

●第三話:つかさちゃんと おばあちゃんと出会う